portland10

今、最もキテる街、アメリカはポートランドへ行って、

業界人たちの大好物「ACE HOTEL」に泊まり、

目覚めの一杯は、もちろん、サードウェーブコーヒーっしょ。

 

という、何とも嫌味なほど、

“Sounds so オサレ” な出張をしてきました。

 

stomptown

 

しかも、今回の旅、

とあるライフスタイルショップのバイヤー二人と一緒という

もうお洒落が止まらない内容となっております。

jsf

朝はチャリで登場した二人。さすが、

ロビーでだらだらしてるチームBasShuと違ってさわやか(笑)

 

旅のミッションについては今度UPするとして、

とりあえず、話題のポートランドどんな感じ?っていうレポを。

 

まずは、

街のシンボル的存在「ACE HOTEL(エースホテル)」

acehotel%e5%a4%96%e8%a6%b3

実際、着いたのは夜だったので、ロビーに人気も無く暗かった。

acehotel%e5%a4%9c2
acehotel%e5%88%b0%e7%9d%80

チェックインを済ませて、

いざ、部屋へ。

acehotel%e9%83%a8%e5%b1%8b

いままで散々、雑誌やメディアでみてきた部屋に自分がいるっ。

という喜びとともに、

まぁーーー、こんなもんかという感情が同時に押し寄せてきました。

 

大型のホテルとは違って、

部屋の作りはチープというかよく言えばラフ。

ま、それもまた良しみたいな雰囲気なんですけど。

(むしろそこを楽しめないなら泊まるな、っていう感じかも)

acehotel2

バスルームは、

真っ白で、広くて、、、洒落てました。

acehotel3

 

さりげなく置いてある紙モノのグラフィックからも、意識高い感じがビンビン。

aceiroiro

ace_radio1

acerope

もう、感想、洒落てるしか出てこない。笑

 

写真で伝わらないんですが、

部屋の天井がとんでもなく高くて、

それはすごく贅沢な気分でした。

 

最高だったのは、やっぱりロビー。

acehotel%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc2

朝から、ローカルの人たちも旅行者も混ざってワイワイしてます。

ちょっと疲れてホテルに戻ってきても、

このエントランスのあったかい雰囲気が迎えてくれるので、

帰ってきたなーって、ホッとしたり。

 

acehotel%e3%83%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc

部屋がそんなに素晴らしいかは、、、

ウーーンですが、

ポートランドを楽しむホテルとしては、

地元の人たちとの距離が近くて、気負わず滞在できるのが良いかもしれません。

 

個人的には、やっぱりクラシカルで重厚なホテルが好みだなぁーと再確認したACE HOTEL体験でした。

 

あと、何故なのか、

トイレットペーパーの位置も、とんでもなく高かった。※肩上

acehotel%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%99%bd%e9%bb%92

 

厳選ショップ編へ つづく

 

posted by A. Imoto