ポートランド滞在の最終日は、

リサーチという名の“ゴールデンタイム”でした。

 

「遊びの中にこそ仕事がある。

だから、遊ぶときは真剣に」

 

とか、文字にすると、

どっかのイケイケ社長が言い放ってそうですが、

BasShuディレクターの口癖でもあって、

海外出張の時には必ずこのゴールデンタイムをスケジュールに組み込んでくれるという

すばらしい上司であり、会社であります(笑)

 

そこで最終日、

(真剣に)街ぶらし、(真剣に)買い物し、

(真剣に)疲れたらちょっとお茶とかして、

過ごした中で、

ここは絶対おすすめというお店を1つだけ。

 

 

OUTDOOR STORE

全米屈指の名店「アウトドア・ストア」。

どストレートな名前からも薄々感じる通り、、、

その歴史100年オーバーです。

outddor%e5%a4%96%e8%a6%b3

市内から車でちょっと走っただけで、大自然に到達するポートランドといえば、

アウトドアカルチャーの本場。

 

ここには、

ファッションとかいう以前に、日常着として

ポートランダーに求められていた源流が詰まってます。

outdoor%e5%86%85%e8%a6%b3

日本でも人気のアウトドアブランドと言えばの、

Barbour、Filson、RED WING
Carhartt、Levi’s、Lee、Wrangler
Woolrich、PENDLETON

当然の如く、全部揃います。

しかも2階にはレディースも。

outdoor%e5%86%85%e8%a6%b32

物量半端ない店内を物色してると、

あのブランド、こんなダサいシャツも作ってるの?ワラ、みたいな日本では流通しない物も沢山あったり。

 

—–

店内は、ローカルたちがひっきりなしに来てて、

お爺ちゃん店員も忙しそう。

 

お客さんの要望を聞いて、

商品引っ張り出して、

しっかり買わせていく。

 

中々の敏腕っぷりで、

何よりお店とお客さんとの信頼関係が

見てて気持ちいいし、微笑ましい。

outdoor
po

お目当ての商品が売り切れてても、

「じゃあ入ったらまた来るわー」っていう体温。

 

いい加減じゃなくて、良い加減なんですよね。

 

お客だからとか、

売り手だからとかじゃなくて、

お互いにリスペクトがちゃんとある。

 

そんなやり取りを見てると、

だんだんポートランダーへの憧れが芽生えてきて、

 

さっき、あのシャツ、ダサいとか思ったけど、

アウトドアウェアをお洒落に着ようとしてる事こそダサいな!!

みたいな気持ちになってくるから不思議です。

 

価格も日本より安いし。

 

BasShuでお店をやるとしたら、

こんな温度のお店にしたい。

 

あー、お店やりたい。

想いは言葉にした方が良いらしいので、したためときます。

 

 

posted by A. Imoto