be%e6%95%b7%e3%81%8f

1900s初頭のアーミッシュ・キルトをモチーフにした

BasShuのパッチワークキルト。

 

アメリカンキルトの中でも、

年代やコミュニティ背景によって様々ですが、

アーミッシュキルトの大きな特徴は、

無地で作られていること。

 

そして、柄は、曲線が少なく、

素朴で、力強い。

 

本来、女性的なイメージの強いキルトですが、

このアーミッシュキルト独特の雰囲気が、

BasShuのインテリアにも合うなと思ったんです。

 

%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%83%88

今では全4柄。

 

中綿入のキルトなので、マルチカバーとして、

ソファに掛けても、

ベッドに掛けても、

ブランケット的に使っても、

床に敷いてもOKです。

%e3%82%bd%e3%83%95%e3%82%a1khkha

こだわったクタクタの風合い。

 

これは、生地を全部カットして、パッチワークでつなぎ合わせて、
キルティングを施したあとに、
後染め(オーバーダイ)をして洗ってます。

 

風合いもそうですが、
後染めすることにより、トーンが落ち着いて
キルトの表情が熟れてくるんですよね。

 

例えば、

このチェッカー柄も、
全体をベージュで後染めしてるので、
赤の色味も写真ほどパキッとしてなくて絶妙なトーンなんです。

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99hiki

これからの寒い季節、

普段のソファに掛けるだけでも

インテリア全体があったかい雰囲気になります。

 

 

広い壁面があれば、

こんなイメージでタペストリーとして、ドーンと壁に掛けるのも◎

home4(Source: http://forestbound.blogspot.jp/2015/09/home.html)

 

お気に入りの場所に、

お気に入りのファブリックがあると

もっと愛着の湧く空間になると思います。

 

BasShuのパッチワーク・キルト

穴が空いても、補修しながら使えるものなので、

ぜひ、暮らしの中で10年、20年と使って頂けるとうれしいです。

quipo

posted by A. Imoto