ヴィンテージだから「価値がある」のではなくて、

何十年も昔に量産されていた物が、

今なお人々を惹き付けていることの裏には

それなりの理由があると思うんです。

 

 

アクリルのラグや、

ポリエステルのブランケットが、

なぜヴィンテージと称して、高値で売られていないか。

 

その差は、

やっぱり「質」だと思うんです。

 

ito

BasShuのモノ作りを伝えるときに、

よくヴィンテージという言葉を使いますが、

 

実際に、私たちは何十年も昔の古い生地をベースに、

手で細かく糸のレベルにまで分解し、繊維を解析してもらい、

そのクオリティを商品に落とし込むことがあります。

 

ウール100%、Made in 大阪(泉大津市)で生産している

このブランケットもそうです。

wool1(大阪で作っているというと驚かれますが、その背景について、

以前ブログで書いたのでよかったら読んでみて下さい。)

 

 

服にこだわる人なら、ニットを選ぶときに

アクリル素材よりもウールを選びますよね。

 

ブランケットもそうです。

絶対にウールの方があたたかいんです。

 

ウール100%の毛布を使ったことがある人はわかると思うんですが、

合成繊維のものとは、そもそも暖かさの種類が全く違うっていう感覚です。

 

800px-crossbred_wool

天然のウールの毛は、写真でみてもわかるように

クルクルした繊維の中に空気をたっぷり含んでいて、

ダウンコートと同じ理屈で、空気の層が外気を遮断&蓄暖してくれます。

 

—-

 

さらに、、、

ここから先はディープ過ぎて興味がないかもしれませんが(笑)

ウールは産地によっても様々な特徴があって、

 

BasShuのブランケットのこだわりは、

ゴワゴワしない肌当たりの心地よさを追求した

ブリティッシュウール 30%、オセアニアウール 70%、の混率にあります。

 

kiji

 

重くなくて、柔らかくて、気持ちいい。

 

最近では、発熱素材などの毛布もいっぱい売ってますが、

買い替えを前提にした安物買いではなく、

自分らしく長く付き合える素材を選んで欲しいと思っています。

 

>>I.Z.M Wool Blanket 一覧
 

posted by A. Imoto