flannel40s

こんな生地にしたいなという

イメージは頭にあるのに、

なかなか思い通りにいかないのが織り物。

 

印刷物のように、

パソコンで見ているデザインが

そのまま上がってくることは、まずありません。

 

生地は、いわば3D。

 

同じ青色をヨコ糸に打っても、

タテ糸がベージュか、白かで

青色の見え方がガラッと変わってきます。

 

flannel2

青は青でも、

黄味の強い青なのか、赤味の強い青なのか。

 

 

また、チェックの細い線を、

糸2本で表現するか、糸1本で表現するかによっても、

全然仕上がりが違うんです。

 

 

生地をつくることは、

 

柄・風合いともに、3Dの仕上がりを

頭で描きながら進める作業の連続で、

 

ディティールを詰めれば詰めるほど、

最初に描いていたものが、所詮イメージに過ぎないということを突きつけられます。

 

そんな難しさを

製作過程で嫌というほど感じた

このOLD FLANNEL シリーズ。

flannel1flannel_up

とにかく、沢山の色が織り交ざった多色でチェックを表現したくて、

縦糸7色 ✕ 緯糸5色ですよ、、、

想像力の限界に挑戦、みたいな企画でした(笑)

 

 

 

そして、

納得行くまで何度もやり直しして、

完成した生地、

 

1940年代、ブルーワーカー達に親しまれた無骨なフランネル3柄。

flannel3col. check DARK BROWN(ダークブラウン)

 

flannel_brcol. check BROWN(ブラウン)

 

flannel_creamcol. check CREAM(クリーム)

 

洗練されすぎてない、野暮ったさを残した配色と、

太い綿糸を使った凹凸のある風合いが、

あたたかく、懐かしい表情になっています。

dbra

今回、100点と言ってしまうと、

伸びしろがないので、90点くらいですかね。

(これは、歴代かなり高得点)

 

—-

 

織り物って、本当に奥が深くて、

やればやるほど、

自分に足りない部分がみえてきます。

 

ただ、焦っても、その答えは

経験の積み重ねしかないんですけど。

 

なんで出来ないんだろう?

また失敗するかも?

とか、

思考停止してる暇があったら、

目の前のことに全力を尽くす。

 

仕事と向き合う、ってそういうことだと思うんです。

 

つって。

 

posted by A. Imoto