外人の友達が、

むかしお揃いで買ったノートを

FACEBOOKにアップしてて、

まだ持ってるの?!って送ったら、

 

「Sentimental value」

と一言きて、

 

そんな表現があるのか、と知って以来

頭の片隅に置いている言葉。

 

 

“センチメンタル・バリュー”

 

 

今年は結構出番が多くて、

 

ずっと買い替えようか迷ってた

姉から譲り受けた包丁を、

いや、これはこれでいいや。

まだ使おう、と決めたり、

 

 

旦那が一人暮らし時代から使ってた

ヘンな1人掛けのレザーチェアも、

まぁいいかと思えたり。

 

海外で、ちょっと思い切った買い物に迷った時、

これはセンチメンタルバリューだから、

と新しい言い訳に使ったり。

us2

 

そうやって過ごしてると、

身に付けるもの、家にあるものに納得できてきて、

精神的にうまくいってる気がしています。

 

—–

 

毎日、せわしなく、

目から耳から情報を浴びてると、

服も、家具も、日用品も、

【良い】っていう定義を、

どんどん人に決めらてる感じがして、

 

(見なきゃいいんですけど)

評価とか、口コミとか、

キュレーターが誰だとか、

グッドなんとか賞をとってるとか、

 

ちょっとでもボーっとしてると、

必要のないものまで欲しくなって、

自分で自分に振り回されたり。

 

 

「センチメンタルバリュー」

他人には価値の無いものでも、自分にとっては特別な思いのあるもの。感情価値。

 

今年出会ったこの言葉は、

そんな呪縛を解放してくれた気がしています。

 

 

そういえば、

ロンドンで一番長く住んだこの家。

london2 london3

モノが溢れてて、ボロボロだったけど、

最高に居心地がよかった。

 

帰国したら、インテリア業界に転職しようと思わせてくれたのもこの家で、

 

ロンドンを離れてからも、

ずっとこの家の心地良さを追い求めていたんですが、

 

ここ最近、ようやくその糸口が

みえてきた気がしています。

london4

 

きっと、

世界中どこに住んでも、

自分の価値観で集めたモノに囲まれてると、

そこが自分の居場所になるんだと思います。

 

そんな事を思った年の瀬でした。

 
 

ではー
 

posted by A. Imoto