発売してすぐに反響をいただいた新シリーズ。

 

アイテムによってはすでにSOLD OUTになってますが、

実際の色がわかりにくいかな、

という気がしてるので補足を。

 

↓↓ このイメージでは、結構パキッとみえますが、

 

 

実際はこんな感じです。(※写真はすべて加工なし)

Khaki / Denison Camo の2色は、

最後の工程で(かなり強めに)ガシガシ洗いをかけてるので、

ビビッドさは無く、むしろスモーキーな発色です。

 

Denison Camo の生地も、表面が擦れていい雰囲気。

英国軍だからですかね。

100年も昔のパターンなのに全然古くない。

大胆なスケールといい、配色といい、

今みても垢抜けてると思うんです。

 

マーケットの店主が教えてくれた「Denison Camo=デニソンカモ」

という名前も洒落てたのでそのまま色名にしました。

 

綿麻のキャンバス生地でつくった Stencil White。

 

控えめに入れたステンシルも特徴ですが、

個人的には、麻混ならではのボソボソとしたドライな風合いが気に入ってます。

 

表記はWhiteとしてますが、

白ではなく「生成り」を使ってるので、

ナチュラルな柔らかいトーンで部屋によく馴染みますよ。

 

 

Long Feather Cushion
ロングフェザークッションについて

 

今シーズンから発売をはじめた、

中綿付き45x75cmの長方形クッションについても。

 

スタートの発想はシンプルで、

もっと贅沢に使えるクッション欲しいよね、って話しからでした。

 

私の場合は、

ソファがあっても地べたに座って(むしろソファを背にして)

ダラっとしたい床派で、

正方形だと絶妙に小さくて2個重ねて使ったりしてました。

 

座るにも背もたれにするにも、もっと大きいのがあったらいいのに。

 

そんなあったらいいな、をカタチにしました。笑

 

 

どれだけ床派の支持があるか

全然わかりませんが、

このサイズはゆったり使えてとても良いです。

 

ソファとはいうまでも、

45角の正方形では味わえない「贅沢さ」があって、

それは、もはやクッションを超えたクッション、

といっても過言ではないかもしれません。笑

 

—-

 

インナークッションにもこだわりを詰めてます。

中綿はポリエステルではなく、

スモールフェザー100%。

 

ポリエステル中綿は圧倒的に安いですが、

値段なりのヘタり方をしていきます。

あと、一度凹むと戻らない。

 

フェザーは弾力があってふんわり戻るし、

長く使えるので結局コスパがいいように思います。

 

地味なこだわりですが、

パンパンに張ってるのがあまり好みではないので、

ボリュームを抑えて作ってもらいました。

 

これは、BasShuあるあるで、

クッションカバーも大きめに作ってて、

被せた時にゆるっと余るくらいのサイズ感にしてます。

あれ?大きい、、と不安にならないで下さい。

 

 

こんな感じで、45角の正方形と組み合わせても

使い方が広がる気がします。

 

以上

 

補足でした。

では!

 

オンラインストアでKHAKIシリーズをみる
>> こちら