キルトと一口にいっても、

世界中さまざまありますが、

 

 

日本の風土には、

カラフルで華やかなキルトではなくて、

 

プリミティブで、静かな存在感を放つ

アメリカンキルトが合うんじゃないかと思ってます。

 

 

l

 

今季は、

1900年代初頭にアメリカで人気を博した

ブルー✕ホワイトのキルトを<2柄>作りました。

 

 

白い木綿に合わせたインディゴの濃淡が美しく、

強さを感じさせます。

 

 

こんなキルトが日常にある暮らしは、

きっと素敵です。

 

 

quiktind

 

詳しくは >> PATCHWORK QUILT

 

関連記事:2016/11/1 UP 「BasShuのパッチワーク・キルト