「結局、夏は畳やで。」

 

「・・・畳。うーん、畳、、、。」

 

「使ったことあんの?めっちゃええで。俺毎年使ってんねん。」

 

「、、、うーん。たしかに涼しそうですけど、
でも自分が使うイメージは無いですね。
なんか、おばあちゃん家とかありましたけど、、、ダサくないですか。」

 

「(大きなため息で)ハァーーーーー!ほんま想像力がないわっ。
世の中にない畳を言うてんねん!!!!」

 

「、、、だって、うちソファだし!!!!」

「それを言うてんねん!!」

 

 

思い起こせば、個人的に全くノリ気じゃなくスタートしたこの企画。

 

やたら畳に対して熱量のあるディレクターに押し切られる形で、あれよあれよという間に

福岡の畳工場を見つけてきてて、事務所に大量の畳の織りサンプルが届いてました。

 

“ソファでも使える畳のデザイン(夏に最高)”

今回の出発点はここです。

 

209-001830-20-2

畳、つまりは「い草」でどんなことができるのか。

 

未知のスタートから、いざサンプルをみて生産者の方と話してみたら、

実は普通の織りもののラグと変わらないくらい何でもできるし、

柄の表現の幅も広いことにびっくり。

 

そもそも、い草って「草」なのに

糸みたいに綺麗に染まることにも驚いたり。

———

 

そうなれば、表現は自由。

せっかくなので、BasShuのファブリックにも合うラグという発想で、

思い切った総柄をやってみました。

 

BL2

柄は、1900年代初頭アメリカ北東部で生産されていた今はなき

BEACON BLANKETをモチーフにしています。

元々はアウトドアで使う毛布で、カラフルな柄なんですが、

2トーンにおさえて合わせやすくしてみました。

 

色は、夏のインテリアに映えるBLUEと、NAVYの2色。

NV2

こちらがNAVY。

サイズは、140 x 200cmです。

NV3

実は、この2配色の1色は、

あえて染めずに「い草」そのまんまのグリーンを使用しています。

綿でいうところの「生成り」ですね。

 

完成形に至るまで、いろいろ試行錯誤を繰り返しましたが、

日本人の遺伝子なのか、いわゆる畳の青緑ってすごく清涼感があるんです。

 

香りもそうです。

広げた瞬間にふわぁーっと畳の香りがして、

これぞ日本の夏。

 

真夏の暑い日には、

ここでゴローンとしたら最高です。

BL4

 

オンラインストアではこの2色を限定で発売します。

 

igusa_BLNV

IGUSA RUG  [made in Japan]
col. BLUE / NAVY
material. 国産い草 100%
19,440yen >>Online Storeへ<<

—–

発売は6/23(木)のお昼12:00。

2017年4月下旬に再入荷予定
※入荷の際に、商品ページがご覧いただけるようになります。

ぜひチェックしてみてください。

 

最後に、

【天然の空気清浄機】とも言われるい草の素晴らしさについて、

生産者の方から色々と教えていただいたのに、その半分も伝えきれてません。

その辺についてはまた書きますね。

 

ではー!

 

posted by A. Imoto