ひとたび見つけると、頭から離れなくなって

結局、買ってしまう古い端切れ。

 

なかでもインディゴの抜染、

これは私にとってかなり中毒性があって、

 

同じような柄もってるのに、ちょっと違うだけで所有欲がフツフツ….. 湧いてきて。

昔はそれに抗って、悩むフリしたりしてたんですが、

もう、辞めました。

 

スーーー、っと買うことにしてます。

 

(↓奥にある茶色の巾着に入れているのが一軍。という誰の役にも立たない情報を補足しときます)

 

デニムはデニムで好きなんですが、

 

細い糸の平織りに文様が施してある

この繊細な佇まいに、とてつもなく惹かれるんですよね。

 

一つとして同じ色がないところも。

 

 

海外でこういう生地を買う時に、

よく店主が「Subtle」って表現するのを聞きます。

 

Subtle=サトル(ルは聞こえないくらい小さい発音)

 

直訳すると「微妙」とか「繊細」になるんですが、

感覚的にはもっと広意義で、

捉えどころのない美しさ、繊細さ、奥ゆかしさ、静かさ、儚さ

みたいな概念が一言にぜんぶ込められてて、

いい言葉だなぁと聞く度に思います。

 

日本語にもあったらいいのに。

 

———

 

で、仕事柄やっぱり我慢できなくなりますよね。

 

とにかく、こんな生地をつくりたい。

……つくりたい。

 

最近はほぼこの動機からスタートしてて、

生地が完成した時点でかなり心が満たされてしまって、

 

さて、商品は何つくろう、、、と

ディレクターと二人で途方に暮れることも(笑)

 

 

全部で3柄つくったこのシリーズは、

「Subtle」な魅力をそのまま暮らしに持ち込んでほしいなぁと、

素直にこんなラインナップにしました。

 

 

作ってみても、

つくづく不思議な魅力に惹かれています。

 

また違う柄もやりたいし、

味わいながら、少しづつ大事につくっていきたい。

 

>> INDIGOシリーズ

 

posted by A. Imoto