わたし自身、以前のように雑誌を買わなくなってしまって、

リースがあるたびに、こんなの出てるのかぁー、

と新しく知る今日この頃です。

 

この業界にいても、インテリア雑誌を買わないのに、

誰が買っているんだろう、、、

どれだけ売れてるんだんだろう、と素直に思ったり。

 

みなさんはどうですか、買ってます?

 

 

今回は、スタイリストの中島さんよりお話しを頂いて

先週末(3/11)発売した『GO OUT Livin vol. 11』にご協力させて頂きました。

 

 

テーマは

「好きなこと」と部屋

好きなものに囲まれてくらす、おしゃれで趣味全開な25人の部屋。

 

 

まさに濃い部屋がズラリのってます。

趣味全開。

 

スケボーやサーフィン、アメリカントイなど、

次々出てくるインテリアを見てると、

なんとも言えない気持ちが湧いてきて、これなんだっけなーと思ってたら

あ、懐かしいんだ!と気づきました。

 

学生時代に読み漁っていた『smart 別冊インテリア』や『Boon』『ポパイ』『カジカジ』や、あの頃の世界。

 

トイレに芝生みたいの敷いたり、

部屋の照明を赤やピンクにしたり(笑)

当時のファッション誌が扱うインテリアの切り口はもっと「モテ部屋」寄りだったけど、

やっぱり趣味で埋め尽くされた部屋っていうのは、

特集内にぜったい1部屋はあった。

 

きっと「趣味部屋」って永遠のあこがれなんですね。

 

男性にとってはとくに。

 

 

奥田英朗の『家日和』って本の中で、

「おれ、思うんだけど、男が自分の部屋を持てる時期って、金のない独身生活時代までじゃないか。でもな、本当に欲しいのは三十を過ぎてからなんだよな。CDやDVDならいくらでも買える。オーディオセットも高いけどなんとかなる。けれどそのときは自分の部屋がない……」

っていう主人公のセリフがあって。

 

案外、こんなところに真理があるのかなと思ったり。

 

 

 

私はというと、

昔あんなに憧れてた「趣味部屋」が、

今は全然ピンとこなくて….。

 

実際は、もっと好きなものの境界線って曖昧で、

部屋に置いてあるものも統一感なくてアンバランスな方が、人間味があって面白いなって。

見てて楽しいというか。

 

 

ただ、

 

そういう部屋って、なかなか雑誌にのらないから

結局見れないっていう。

 

 

あ、だから買わないのか。

 

最初の疑問が解決しました(笑)

 

 

良い悪いじゃなくて、好みの話し。

 

 

(次からリース来なくなりますよ、という隣からの声を振り切って公開ボタンを押しま、、、す。ていっ)

 

 

posted by A. Imoto