新作「Grandad Check」シリーズの特集ページを公開しました。

 

オンラインストア会員のみなさまには、カタログをお届けしましたが、

静かで力強いスタイリングがどれも素敵なので、

ぜひご覧ください。

> Grandad Check 特集ページをみる

 

このシリーズ、

背景についても、製品についても、伝えたいことがたくさんあるので、

ブログではじっくり書いていこうと思います。

 

 

さて、エプロンです。

 

播州織でつくったチェック4柄。

軽くて心地いい素材感が、普段使いのエプロンにぴったりだなと思い、

その良さを直球で活かして、超スタンダードな「ザ・エプロン」を作りました。

 

 

一番こだわったのが、

“サッと着けて様になる” こと。

 

何気ないことですが、

すごく大事だと思うんです。

 

ゆったり過ぎると形を整えるのが案外面倒だったりするので、

パッと首からかけて、

キュッと結んで、

はいOK。

 

そんなイメージで、

首元の紐は背面クロスではなく、上からかぶれる固定の輪っかに。

(首が華奢な人は後ろでつまんで留めてください)

シルエットは、余裕を残しつつもたつかずにすっきり着れるように。

 

腰紐は邪魔にならない長さに。

 

とにかく、適当にきていい感じになる。

そういうエプロンこそ、(めんどくさがりの)自分が毎日使いたいからです。

 

丈は少しだけ長めに。

(ちなみにわたしの身長は160cm で、ちょうど膝の真ん中くらい)

 

いっそポケット無くそうか…と思ったんですが、

いや、携帯いれたいときあるな、と右側に一つだけ付けました。

 

ポケットの上には、小さなイニシャル刺繍を。

かなり控えめに。

今回、ラベルも裏面のみえないところに付けました。

 

“BasShu”のエプロンというよりも、

暮らしの中で使いながら、自分のものにして欲しいなと思ったからです。

 

他のチェック柄はこんな感じ。

 

INDIGO CHECK (C)

 

INDIGO CHECK (B)

 

 

INDIGO CHECK (A)

 

男性が着るとこんな感じ。

 

すべての製品は、最後に洗って仕上げているので、

届いたその日から気持ちよく使えます。

 

洗濯も適当に洗ってもらって大丈夫ですが、

インディゴ糸を使っているので、

最初のほうだけ色移りが心配な方は白物とは分けてください。

 

あとは、天日干しして

アイロンもしなくて大丈夫です。

 

数枚エプロンを持っていても、

毎日の暮らしのなかで、

自然と手が伸びる一枚になってくれるはずです。

 

 

>> INDIGO CHECK 商品一覧をみる