あんまり置いてるところ自体がないんですが、

 

古着屋さんに行っても、

マーケットを歩いてても、

 

とにかく「パッチワークキルト」があると

そこだけキラリっと光ったように

自然と目に飛び込んできます。

 

 

この感覚、好きなモノがある人には

伝わるんじゃないかと思うんですが、

本当にそうで。

 

 

古着屋さんなんて、そもそも洋服売りたいし、

ヴィテージキルトを売る気満々で置いてるところなんて皆無なんです。

それでも、きっと店主の嗜好で、

しれっと棚の上の方に積んであったりして。

 

それにセンサーが反応する。

 

 

理由はバカみたいで、

「好きだから」なんですが、

 

その理由の奥を掘ると、

 

わたしはたぶん、

キルトとの原体験が人よりかなり早いから

なんじゃないかなと自負しています。

 

何言ってんだこいつ、と思いますよね。

 

わかります(笑)

 

 

げんたいけん【原体験】:

その人の思考が固まる前の経験で、以後の思考形成に大きな影響を与えたもの。

または、記憶の底にいつまでも残り、その人がなんらかの形でこだわり続けることになる幼少期の体験。

 

わたしの場合、完全に母なんです。

 

裁縫がとにかく得意で、なかでも、

パッチワークに異常な熱を持っている母。

思い出す姿といえば、

小さな生地のハギレを机にたくさん広げて

父が爆音で映画をみてる横で、

チクチクチクチク縫っているところ。

 

家中の壁という壁には

自作のタペストリーが掛かってて、

 

古い着物のハギレや、似たような小花柄の生地も、

パッチワーク関連の本も置き場のないほどそこら中にあって。

 

そして、我が家みんな、パッチワークを

略して「パッチ」と呼ぶことを当たり前に受け入れてました。

 

 

古着屋なんて一つもない田舎に、

パッチ愛がありあまる、家庭環境。

 

その原体験が、今の仕事をしてから

爆発した。

 

 

—–

 

 

わたし自身、けっして古着好きではないけど、

その生地・風合い、当時のデザインには興味がある。

だから、古着屋にも行くしマーケットにも行く。

 

それをやってたら、出会ってしまったんですよね。

ヴィンテージキルトの世界に。

 

 

そうなると、もう作りたくて作りたくて。

 

とはいえ、

「こんな細かいもん誰が作れんねん」

とディレクターから食い気味に言われた通り、実際、

こんな手間のかかるパッチワークなんて国内で受けてくれるところがなくて、

それでも諦めきれずに探してたら、中国の小さな工場が声を上げてくれて。

 

よし、やるか、とディレクターと二人で

中国まで行ったのがもう4年前。懐かしい。

 

 

正直「誰が作れんねん」であり、

「誰が買うねん」でもあったキルト企画。

 

ここまで持ってます。

モノ好きが結構いたということです(笑)

 

 

そして、新しい柄をつくりました。

 

落ち着いたキャメル色の、

スターデザイン。

 

 

これともう1柄、ブルーも出ます。

 

モノ好きのみなさま、

ぜひ見てみてください。

 

BasShu – パッチワークキルト

 

 

ではでは、

台風気をつけてくださいね。

 

 

 

posted by A. Imoto

 

関連記事:

2016/11/1 UP
「BasShuのパッチワーク・キルト」

 


2017 / 10 / 24 UP
≫「新作パッチワーク・キルト INDIGO」