「え、プリントじゃないの?!」

と言われますが、

いいえ、プリントではありません。

 

柄の部分は、

先にい草を染めてから、

すべて「織り」で表現しています。

 

だから、BasShuのい草ラグは、

どの角度からみても奥行きがあって、

プリントのように柄が禿げることはありませんっ。

 

そんな職人泣かせの品質にこだわり、

今年も畳表の老舗【池上彦太郎商店】✕ BasShu でつくりました。

この取り組みも3年目に突入です。

 

というわけで、3柄すべて紹介していきますっ。

染めてない「い草」の生の色をメインにした新色。

ナチュラル ✕ グレー。

 

生成りが多い分、ザ・畳っぽい雰囲気があって

今までで一番清涼感ある柄かもしれません。

 

 

市場は中国産の安価ない草ラグで溢れてますが、

BasShuは国産、それも、

みずみずしく一本一本がしっかりと太い

熊本県八代産のい草にこだわっていて、

踏んだときの弾力が違います!

 

サイズは、140 x 200cm。

寝そべるとこんな感じ。

(※奥に置いてるソファは2人掛けです)

 

 

じつは、夏よりも梅雨のジメジメ期にもってこいのい草ラグ。

畳を踏んで湿ってることが無いのと一緒で、

い草自体が湿気を吸収してくれるので、

部屋の湿気対策にも一役買ってくれます。

 

裏面は滑り止め仕様 ↓↓

 

 

はい、折りたたむとこれくらいコンパクトになります。

購入時には透明の袋がついてるので、

冬になったらそのまま押入れにどうぞ。

 

#99897  col. Natural x Gray  / 18,000yen (+tax)
>> 詳しくみる

 

—-

続いて、ブルー。

こちらも染めてない生成を合わせた配色です。

 

 

柄は、1900年代初頭アメリカ北東部で生産されていた

今はなきBEACON BLANKETをモチーフにしたもの。

 

元々はアウトドア用の毛布で、カラフルな柄なんですが、

それを2トーン&い草で表現すると案外しっくりきて、

ソファにも合わせやすいデザインになっていると思います。

 

 

 

表面には、自然な織りの凹凸があって、

寝そべっても気持ちいいんですよね。

 

このブルー、デニムのソファやクッションは間違いなく好相性です。

#90924  col. Blue  / 18,000yen (+tax)
>> 詳しくみる

 

そして、最後にネイビー。

 

ちょうど今日もネイビー着てますが、

服でもインテリアでもなんでも…..

とにかく昔からネイビーが好きで

ほぼ無意識に企画に入れてしまう色。

 

 

いやー、やっぱりネイビー落ち着きますよね。

私だけでしょうか。笑

 

 

#90917  col. NAVY / 18,000yen (+tax)
>> 詳しくみる

 

どうでしょう。

迷っている方の参考になれば幸いです。

 

 

あと、もちろんお店でも販売していますので、

実際に見てみたいという方は是非いらして下さい。

 

基本は土日休みですが、

ちょうど来週末の 6月29日(土) は終日開けてます。

BasShu 店舗 : 6/29 (土) OPENのご案内

 

ではー、

来週末お会いできたらうれしいです。

 

posted by A. Imoto

関連記事:

2016/6/21 UP
「夏は床でゴロ~ンとしたい方必見」

 

2018/7/12 UP
≫ コットンパイル・ブランケット