お店でも販売している一点モノのアフリカン・インディゴ布。

 

 

そもそもの発端は、もう6年以上前ですかね。

NYの某アンティークショップで見つけたのが初めでした。

 

その時は、工芸品のように美しく置かれたこの布に

目が釘付けになってしまい、

欲しい!買う!と値段を聞いたものの、

とても簡単に決断できるソレではなく

モジモジ悩みに悩んで、最後は、

いーーーや、もう知らん!!と思考を止めて

信じられない価格で購入したんでした。

 

その後、LAの骨董市で10分の1以下の値段で

売られているのをみたときには驚愕でしたね〜(笑)

 

とはいえ、結局ヴィンテージである以上、

その価値を決めるのは店主なので

ぼったくりでも何でもないんですが。

 

今では大体のものはネットで価格比較できちゃうので、

そういう失敗の経験すら愛おしく懐かしい思い出です。

 

そんな訳で、

いつかバッシュのお店を開くときには絶対に置きたい、

その想いがようやく実現しました。

 

めちゃくちゃ良心的な価格で置いてます。

一枚一枚ぜんぜん違うので、どれにしようかな〜と悩むのもまた一興。

 

 

ちなみに、

我が家ではこんな風に使ってます。

 

 

 

 

 

 

 

改めて並べてみると、大した使い方してないですね。すいません(笑)

 

……何が言いたいかというと、

好き勝手テキトーにつかっても

この布が本来持っている

素朴でプリミティブな風合いがとてつもなく万能で、

オールオッケーになるよ、ってことです!

 

だからみなさん、

気負わず、取り入れてみて下さい。

ソファに掛けるだけでも結構雰囲気変わりますよ。

オンラインストアでも一部販売はじめました)

 

 

 

 

い草ラグ余談:

今週から、家で敷いてるこれ ↓↓

来年の企画に向けて【沖縄産】の琉球い草を試しに使ってみています。

素足での踏み心地はすでに全然ちがう。

 

銭湯好きの夫は、

い草の香り=湯上がり処

を彷彿させるようで、

お風呂上がり気持ち良さそうに転がってました。

 

商品化するかどうか、この夏使ってみて考えるところです。

という来年のどーでもいい余談でした。

 

では、週末お待ちしています!

アフリカン・インディゴ布もぜひ見にきて下さい。

 

posted by A. Imoto

関連記事:

2016/6/21 UP
「夏は床でゴロ~ンとしたい方必見」