どうも企画の井本です。

ご無沙汰のうちに出産したりしてました。

 

最近はお店にもわりと居るので

良かったら遊びにきて下さい。

 

そして、ブログも書かないうちにまた同じ夏がきてしまいましたね。

タイム for IGUSA ハズ カム。

 

福岡の「池上彦太郎商店」に別注している【IGUSA RUG】も5年目です。

 

い草を握りしめて、すごい熱量で教えてくれた初代担当者も昨年から代わり、

こちらも原宿にあった事務所から、目黒通りのお店になったりと、

5年あれば色々な変化があるなぁと自身に重ねて思います。

 

布への偏愛が高じて、

ついに糸から「草」の色指示までするとは。

わたしも想像してなかったです。笑

 

 

 

デザインはイラレで描いてますが、

結局それ以降の激アナログな

“あーでもない、こーでもない” が一番大変なのは

布もラグも同じです。

 

とくに、い草の場合は、

天然の草をそのまま染めてるので

太さや見る角度によって全然色味が違って、

それが良い味でもあり作る側のむずかしさでもあります。

 

はぁ….草むずいわ〜って毎年声に出してて、

ずっと頭ではやりたいと思っていたボーダー柄も

5年目にしてようやく出来たなという気がしてます。

 

 

ボーダー。

 

正直、すこぶる好評で、

そうでしょう、そうでしょう…と

ふふんと背筋を伸ばしてたりします。笑

 

 

 

# 40588
IGUSA RUG / border FADE BLUE
ボーダーフェードブルー
>> 詳しくみる

 

 

 

 

 

# 40571
IGUSA RUG / border BEIGE
ボーダーベージュ
>>詳しく見る

 

 

 

 

 

 

 

# 40564
IGUSA RUG / border BLACK
ボーダーブラック

 

い草ならではの風合いが面白くて

ネイティブ柄とはまた違った魅力があると思います。

 

 

い草ラグ、今の時期ほんとうに気持ちいいですよ。

 

熊本県産の太くしっかりとした「い草」一本一本が、

梅雨の湿気をぐんぐん吸ってくれますから。

 

 

その理由は、

インスタでクイズにしてみたので

よかったらどうぞ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

突然ですが、い草クイズです🌵 . Q. 畳(たたみ)を素足で踏んで、熱ッ!てなったことのある方はいないと思うんですが、それは何故でしょう? . 超難問です。 チッチッチッチッ…. . 正解は、 . A. 「い草の中が空洞だから」です。 . 厳密にいうとスポンジ状なんですが、草の真ん中に空気の層を保っていることで、外気の影響を受けません。い草一本一本がいわゆる天然の断熱構造になっているんです。だから夏にはひんやりと、冬にはほのかに温かく感じるんですね〜😎 . さらに、湿度調整もしてくれます。ジメジメした日には湿気を吸い、乾燥した日には水分を放出。お風呂上りに寝転んでもサラリと気持ちいいのはこのためです♨️ . だてに1300年日本の床を支えてません。 自然のチカラおそるべしです。 . もっというと、 ペットや生活臭の消臭効果、 ハウスダストなどへの抗菌効果も。 . それらをぐっとまとめて、 . ….い草業界では . 「い草は天然の空気清浄機や〜!」 . と呼んでます。ほんとに。よかったら今日覚えて帰ってください。 . や〜!は足しました。 . #BasShu #IGUSARUG #madeinjapan #quality #い草ラグ #畳 #国産い草 #熊本 #八代 #ラグ #たたみ #池上彦太郎商店 #明治創業 #BasShu別注 #インテリア #日本の夏 #ござ #昼寝

BasShu_japan(@basshu_japan)がシェアした投稿 –

他の柄についてもまた書きますね。

 

では、またお付き合いください。

 

posted by A. Imoto

関連記事:

2016/6/21 UP
「夏は床でゴロ~ンとしたい方必見」