どんなにインテリアにこだわってても、

ひとつ置くだけで

しれっと空間の主役になってしまう

ビーズクッション。

 

面積が大きい分、よくも悪くも存在感がでてしまう。

 

いや、よくも悪くも…とか濁しましたが

ズバリ言うわよ。(細木)

 

安っぽい素材のものを置くと

一瞬にして空間が台無しになってしまう

むずかしいアイテムのひとつでもあると思うんです。

 

あったら便利だなーと気軽に買うと

後悔するパターンけっこうあるので

慎重に選んだ方がよいです。

 

 

とはいえ、

 

人をだめにするとかしないとか、

高いとか安いとか、形がかわいいとか、

選ぶ理由はそれぞれあると思うんです。

 

だから、わたしたちはその理由に

「風合い」を加えたいです。

 

目にも心地よくて、

シンプルに生地の魅力がつまったもの。

 

好きな暮らしを邪魔しないもの。

自分らしく付き合えるもの。

 

 

だから、バッシュが作るとこうなります。

 

 

 

 

生地には播州織のリップストップを採用しました。

 

昔からあるミリタリー布の代名詞ともいえるリップストップは

高密度ながら肌当たりは軽く、丈夫で、

洗うほどに凹凸の表情が現れる特徴があります。

 

シンプルに風合いの良さ生かすには

ぴったりの生地だと思いました。

 

なので、仕上げにはその表情を引き出すべく

ガッシガシ洗って完成させています。

 

部分使いでレザー(牛革)も使ってますが

それも気にせずガッシガシ洗ってます。

 

 

 

 

縫製は、ミリタリージャケットなどを得意としている岡山の工場にお願いして

一点一点パッカリングがでるよう作ってもらいました。

写真の通り、ステッチ部分いい味が出ています。

 

カバーを外した【ビーズクッション本体】は、

大阪の国内メーカーに特注しました。

選んだ極小ビーズは軽く柔らかで、

使うほどにホールド感を増していきます。

 

Online store  / Beads cushion
col. Beige

>> https://basshu.jp/onlinestore/products/detail/474

 

色違いのカーキ。

 

Online store  / Beads cushion
col. Khaki

>> https://basshu.jp/onlinestore/products/detail/473

 

 

 

「風合い」で選ぶ。

 

同じ理由で、

岡山デニムver. も作りました。

 

 

 

Online store  / Beads cushion
col. Denim

>> https://basshu.jp/onlinestore/products/detail/475

 

サイズや、使い心地など、

商品ページにも詳しく書いているので、

そちらもぜひ参考にしてください。

 

 

明日 6/27 (土)は月イチの週末オープンDay。

12-6pmでお店開けてます。

 

ぜひお越しください。

 

 

関連記事:
2018/8/24 UP
「パッチ愛がありあまる」

2019/1/24 UP
「ラグ、こう使えばよかったのか」

2017/6/30 UP
「素敵かよ」