夏に向けて、

気持ちよく使えるパイル・ブランケットをつくりました。

 

 

リビングのソファで冷房避けに使ったり、

昼寝するときにちょっとかけたり、

大判ビーチタオルとして海に持っていったり。

アウトドア用に車に積んでおいたり。

 

家の中だけじゃなくて、そんなシーンで気兼ねなく使えるものがいいなと思って

 

ふわふわ、ではなく、

しっかり・軽やかな肌当たりにしました。

 

綿100%、昔ながらのザ・パイル、ともいうべき風合いです。

 

洗えば洗うほど、使えば使うほど、

吸水性の良さが視覚的にすら感じとれるレベルに達する

あの懐かしいやつです。

 

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/cybercomcom

 

そして、もちろん日本製。

世界に誇るジャパン・クオリティ

【Made in 今治】

 

わたしたちの細かな要望にも熱意をもって応えてくださり、

さすがの品質であがってきました。

 

プライドをもって、熱意で応えてくれること、

当たり前だけど当たり前じゃないんですよね。

ほんとに。

 

( C/#01. Native Motif )

 

( C/#02. Native Border )

 

 

 

柄は、「プリント」ではなく、

先に糸をぜんぶ染めてから

「織り」で表現するジャガード。

 

プリントよりも、

圧倒的に手間とコストのかかる手法ですが、

 

糸自体が染まってるので、

立体的で柄に奥行きがあり、

なによりパイルの肌触りを損ねません。

 

 

C/#01. Native Motif 

W85 x L130cm / Cotton 100%
5,800yen (+tax)

 

 

 

C/#02. Native Border

W85 x L130cm / Cotton 100%
5,800yen (+tax)

 

 

バスタオルよりひと周り大きなサイズで、

夏の寝具にもいいです。

 

—-

 

色は、それぞれの柄に、

濃淡の違うネイビーを使っていて、

 

 

「インディゴですか?」とよく聞かれますが、

インディゴ染料は一切使っていませんので、

普通に洗って大丈夫です。

 

(フリンジがあるのでネットに入れるとよりGOODです)

 

 

そういえば、

意外と知られていない

 

パイルタオルを気持ちよく使うコツ。

 

 

干す前に、最低5回!

ブォンブォン….. とやってください。

 

※写真参照:

両手でパシパシ叩くんじゃなくて、振りさばく方

 

こうするとループが立って

パイル本来の良さをより実感できます。

 

ほんとうに、びっくりするくらい変わるので

ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

オンライストアでは、ギフトとして結構人気で、

そういえば贈り物の定番だったなと思い出しました。

 

ではー!

 

 

>> オンラインストアでみる