This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

11,000円以上のお買い上げで送料無料

Shopping Cart

カートは空です

お買い物を続ける

30代女には刺さった 〜 The Ludlow Hotel 〜

 

起きて顔を洗うまでの10秒間に、

 

あぁ、もう今日は良いことしか起こる気がしない

 

と思った朝の写真です。

 

 

つづいて、

 

出張最終日の完全オフ:

コーヒーを飲みに出ようか、あるいはもう一回寝ようか、

幸せな悩みにグダつきながら、

 

NYの街並みを見下ろして、

満たされた気分にひたってる、

 

の写真です。

 

 

 

 

このホテル、

疲れてた30代・女には刺さりました。笑

 

----

 

出張中って元気なつもりでも、

仕事が全部終わった瞬間どっと疲れがきて、

 

そんなタイミングで泊まれたのが、このホテル「The Ludlow(ラドローホテル)」でした。

 

(※カタカナ表記だと、ルドロー、ラドロー両方でてくる。)

 

以前ブログで紹介したザ・マールトンホテル「BasShu的、失敗しないニューヨークのホテル選び  」
と同じショーン・マクファーソンが手掛けていて、

むしろマールトンより有名なので、

基本情報はたくさん拾えます。

 

 

ただ、その殆どが、

客室そっちのけで、

ロビーにあるテラスやレストランを中心に紹介されてることが多くて、


部屋は結構ショボいんじゃないの〜って気持ちで、

ぜんぜん期待してなかったんですが、

 

実際、めちゃくちゃ良い。

 

 

こんなに良いなら、客室ちゃんと紹介した方がいいよ!って、

ホテルのプロモーションへ言いたくなりました。

 





 

ロビーの賑やかな雰囲気からガラリと変わって、

客室はどこまでもシック。

 

(個人的な)最新デザインホテルあるあるで、

オシャレ押しが強めだなー、

となんだか白けてしまう時があるんですが、

そういう張りぼて感が全くない。

 

ちゃんと心と身体を休めるための空間として、

設計されてることが伝わってきます。

 

---

 

重厚感のある家具も建具も一つ一つセンスが良い。

 

窓からNYの夜景を望めるバスルームは、

最高としか言いようがないし、

 

スローな音楽をかけて、

ボーーーっと湯船に浸かってたら、

それだけでかなり疲れがとれました。

 

 

ホテル選びって、

旅先でどんな気分で過ごしたいか?

を決めることだと思うんです。

 

そして、このホテルは、

お洒落にエネルギッシュに過ごしたい人が

多く利用しているんだと思います。

 

 

だけど実は、

ちょっと疲れてるな、

ゆっくり過ごしたいなという人にも、

おすすめしたいホテルです。

 

正直、過去泊まったオシャレホテルの中では、

ダントツの第1位だし、また泊まりたい。

 

あとは、バスルームによる女子ウケは間違いないかと。

 

---

 

予約も早くとれれば、

破格で出てることもあるので

NYのホテル候補にぜひ。

 

 

ではー