This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

12/25(日)までギフトラッピング無料

Shopping Cart

カートは空です

お買い物を続ける

BasShu的、失敗しないニューヨークのホテル選び

1週間ほどニューヨークに行ってきました。

出張とはいえ、旅は旅。

 

せっかくなので気になっていたホテルにも泊まってみました。

今回の宿泊先がこちら。

The Marlton Hotel (ザ・マールトンホテル)。

 

↑上の写真はホームページより。

実際は、昼間に通ると↓こんな感じで、あんなにギラギラしてません。

このホテルの仕掛け人は、バワリー・ホテル(The Bowery Hotel)や

ルドローホテル(The Ludlow Hotel)を手がけたことで有名なショーン・マクファーソン。

 

2013年オープンなのでホテルとしてはまだ新しいですが、

古くはアートスクールの学生寮として使われていた建物を修復して使っている為、

建物自体がいわゆるホテルとは違って個性的です。

 

そのクラシカルな面影は、中に足を踏み入れても裏切られることなく

重厚であたたかみのあるウッディーな空間が。

 

レセプションの背面には、

ヴィンテージ木棚に、ずらーっとルームキーが掛けてあって、

ここから自分の部屋のキーを渡されるだけで、

もう期待値がぐんぐん上がってます。

 

いざ、部屋へ。

広さは、これぞニューヨークスタンダード!つまり、狭っいです。

部屋のトーンは、ヘッドボードのフレンチブルーが効いていて、

クラシカル&ロマンチックな雰囲気。

 

全体に女性的な感じなのかなーと思っていたところで、バスルームの扉を開けると、、、

チェッカータイル!

激萌えです。個人的にチェッカータイルが好きというのもありますが、

この甘さを抑えたセンスの良さにやられてしまいました。

 

シャワーの配管も蛇口もすべてアンティーク。

 

こちらは、廊下。床のヘリンボーンタイルにペルシャ絨毯。

 

建物全体に漂うあたたかな雰囲気と居心地の良さは、

元々備わっていた古いパーツをあえてそのまま活かした設計で、

過剰なデコレーションを施していないところにある気がします。

 

そして、このホテルの一番の魅力がラウンジ。

私の部屋は2階だったので、正面階段から降りると、、、

 

左手にカフェラウンジ。

右手に、バー&レストランスーペースが広がります。

ここの家具も全てアンティークでいちいちセンスが良い。

 

宿泊者はこのラウンジスペースを自由に使えるので、

暖炉の火を横目に、本を呼んだりパソコンで仕事をしたりと

みんな思い思いに過ごしてました。

 

この穏やかな時間こそ、このホテルを選ぶ醍醐味だなーという気がします。

 

ニューヨークのデザインホテル業界を牽引する

ACE HOTELや、Wythe Hotelのような派手さはないものの、

街の喧騒をのがれて、大人がゆっくり過ごすホテルとしてはとてもオススメです。

 

 

あ、そういえば、

バスローブがマルジェラでした。

いちいちにくいね。

 

 

ではー。

posted by A. Imoto